寒い朝の ちょっとしたこと

日曜日の早朝のコンビニ。早起きの人、または夜の気配をひきずる人。店内に客は数人だけだった。

今どきの若者、に見えた。茶髪で、いかつい歩き方をしていた。ちょうど私がレジに向かうと、向こうからレジに向かってきて、レジの手前で鉢合わせという格好だった。その人の方がちょっと早いかというタイミング。私が足を止めてその人が先にレジに行くのを待つと、その人は私に「どうぞ。」と言う。私がためらっていると、また「どうぞ。」と大きな身振りつきで譲ってくれた。感謝しつつ先にレジに向かった。

お店の人が、閉まっていたもう一つのレジを開けてくれたので、その人も素早く会計をすませた。出口のドアに向かう。私は少し後から出口へ。そのドアは自動ドアではなく、押したり引いたりして開け閉めするドア。その人はドアを押して外へ出て、ドアを押さえたまま、私が後ろから来るのを待っててくれた。「ありがとう!」

今どきの日本の若者に、こんなに優しい人もいるとは! 日本に帰国してから、あまりこういう優しい人にお目にかかったことがなかった。つい先日も、開いていたドアから出る時に、わざわざ私の目の前でドアを閉めていく人がいたり(私がすぐ後ろから来ているのに気がつかなかっただけだとは思うが)、という体験をしたばかり。

今日のできごとは、ちょっとしたことだけれど、ほんわかと心が暖かくなるできごとだった。
posted by Yuko at 2005-12-11 21:27 | Comment(0) | TB(0) | 独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10719735
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。