日本語ぽこりぽこり

アメリカ在住の頃、レストランのメニューで「Hibachi」という言葉を時々目にしたことがあった。だいたい「ヒバチ ステーキ」とか「ヒバチ エビ」とかいう使われ方で、「あぶる」とか「鉄板焼きにする」という意味のようだった。「ヒバチ」というとやはり「火鉢」という日本語から来てるんだろうな。わかるようなわからないような。なぜ「ヒバチ」と言うんだろう・・と漠然と疑問に思っていた。

今読んでいる本にアメリカにおけるヒバチのことが載っている。へえ、そうだったのか。私の上の疑問が氷解したわけではないけれど、面白い。

他にもいろいろ日本語や英語にまつわる楽しい話が満載された本。お勧めデス。

4093875545日本語ぽこりぽこり
アーサー・ビナード
小学館 2005-02-28

by G-Tools

posted by Yuko at 2005-12-16 10:08 | Comment(2) | TB(0) |
この記事へのコメント
私も疑問に思ってました。
なんとなく連想できる気もするけれど。
火鉢に載ったお肉か何かを出された外国人が「これは何ですか?」と聞いて、出した人が「火鉢です」って答えたたのかな?と想像してました。(^^)
インドのカレーもそうですよね。
この本、読んでみます。
Posted by Sevi at 2005-12-17 11:51
日本で火鉢でお肉焼いたりしますか? っていうのがそもそも疑問です(^^)

インドのカレーも入れ物か何かだったんですか? ちょっと調べてみよう〜。
Posted by Yuko at 2005-12-17 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。