グラウンドホッグデイ〜英語の衰退

ghog031.jpgghog062.jpg

在米のお友達のブログでグラウンドホッグデイだったことを知って。
私「アメリカではグラウンドホッグデイだったね。覚えてる?」
R「覚えてない。」
私「ほら、あの、もぐらみたいな動物が穴から出て自分の影を見たら・・」
R「思い出した! 2月4日だよ!」

と言ってRは3年前に絵や文を書いたノートを持ってきた(写真左)。
そして、そのノートの後ろの方に今年新たに絵や文を書いていた(写真右)。

3年前は「グラウンドホッグデイ」のスペルはめちゃくちゃだが、he didn't see his shadow とまあまあちゃんと書いている。
今年は、groundhog day のスペルは正しく書いているが、「It's groundhog day but かげみないでほしいな」と突然日本語が混じっている・・

英語の衰退振りを如実に物語っているということだろうか(苦笑)
ちなみにRは2月4日だよと言ったが、2月2日が正解。去年は正しい日付を覚えていたのになあ。

グラウンドホッグデイとは何ぞや?という方は、追記のところに去年の雑記を載せておきますので、ご参照下さい。



(2005.2.2の雑記)
アメリカでは2月2日がグラウンドホッグデイといって、この日に、今年の春の訪れが早くなるか遅くなるかを占うという行事がある。グラウンドホッグという見たところモグラのような動物が、この日地面の穴から出て、晴れていて自分の影を見れば、春の訪れは遅く(冬がもう6週間続く)、曇っていて自分の影を見なければ、春の訪れは早いという。

この行事の中心はペンシルベニア州の方で、かなり大々的なイベントになっている。
公式ホームページなんかもあったりする。
今年は残念ながら春の訪れは遅いという結果が出た模様。

カリフォルニアでは、特にイベントはなかったけれど、学校で2月2日はグラウンドホッグデイと教わってきて、キンダーの頃かなあ、グラウンドホッグが穴から出たり入ったりするクラフトを作って持って帰っていた。

今年の1月頃、ふとグラウンドホッグデイのことを思い出した私がRに、「グラウンドホッグデイっていつだったっけ?」と聞くと、「2月2日。だったと思う。」との答。ちゃんと覚えているのね(^^) 私も覚えておきたいので、ここにメモっておこう。
posted by Yuko at 2006-02-07 10:08 | Comment(6) | TB(0) | season
この記事へのコメント
そうだったんですね〜。
ありがとうございます!
娘がモグラらしきものの絵や工作を手に
訳の分からないことを言っていたのがようやく解りました^^;
Posted by romiH5 at 2006-02-07 15:57
romiH5さん、そうだったんですよ〜。
おもしろいですよね。
Posted by Yuko at 2006-02-07 22:29
以前、英会話のラジオ講座で、groundhog day の話が出てきたので、今年TVのニュースでその映像を見たとき、あああれかあって思い出しました。

Rちゃん、英語力の衰退ではなく、着実にバイリンガルへの道を進んでいるのかも。
Posted by shirube at 2006-02-08 10:29
shirubeさん、TVのニュースでやってましたか。
今年も春の訪れは遅いという結果だったみたいですね。

いやあ、Rは英語が出なくなってきているんですよ。英語で書き始めただけでも偉い・・かも。
Posted by Yuko at 2006-02-09 08:41
ニュースで観ましたが、正装した大の大人たちが大マジメな顔をして、モグラ(グラウンドホッグ)を取り囲んでおりました。
こういうのをマジメにイベントにしちゃうところが、おもしろいですよね(^^)
Posted by Sevi at 2006-02-09 15:38
Seviさん、そうですか。私もニュースで見たかったな〜。
Posted by Yuko at 2006-02-09 16:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/12908578
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。