ナガノパープルというブドウ

budou060915.jpgついに発見! 日本産のブドウで、皮ごと食べられるタイプ。

アメリカでは皮ごと食べるブドウが主流でした。日本のブドウより小粒で、緑色や薄紫や濃い紫色や、いろんなものがありました。
日本では皮ごと食べられるブドウは、ほとんどお目にかかりません。口にぽいぽい放り込んで、そのままもぐもぐごっくんしてしまえるあのアメリカのブドウの手軽さが恋しく、我が家では、「日本では食べられないけどまた食べたいアメリカの食べ物」の上位にランクされています。

どうして日本のブドウ農家は、こんなのを栽培しないんだろうと思っていました。やっと、栽培し始めたのですね。アメリカのブドウとは違って巨峰系ですが、食べ易くておいしくてgoodです。ちょっとお値段がお高いので、しょっちゅうは買えないかな。でも見つけたらまた買いたいです。
posted by Yuko at 2006-09-15 10:53 | Comment(4) | TB(0) |
この記事へのコメント
Yukoさん、こんちはー! わかるわかるー!
うちの下の4歳児がカナダでブドウ狂になってまして、ほとんど毎日食べてました。こんなに好きだなんて知らなかったほどで、日本でも、と思ってもお値段がねー。うちの叔母は、逆に、リンゴは日本の方がとてもおいしいのに、どーして北米で栽培できないのかと言ってました。農家同士の何かあるんでしょうかねー? ナガノパープル、探してみまーす。
Posted by Rie−chan at 2006-09-20 05:14
Rie-chan、コメントありがとう。わかってもらえて嬉しいわ。アメリカアメリカと書いていますが、カナダでも同様なんですね。

確かに、アメリカのリンゴはそのまま食べるより、ジャムやパイにする方が向いていましたね。日系のスーパーで日系のリンゴも1種類くらいは売っていて、アメリカのリンゴよりお高かったけれど、そのまま食べる用にはそちらを買っていたかな。

ナガノパープル、私は茅ヶ崎のヨーカドーの食品売り場で発見したのですが、いつでもあるというわけではないかもしれません。全般的に品薄のようですね。
Posted by Yuko at 2006-09-20 06:42
皮ごと食べられる巨峰って
かなり美味しそうだし
食べ応えがありそう!!

CAはフルーツ天国ですよね。

日本に帰ったら
なかなか食べられそうにない
皮付きブドウを
今のうちに食べさせておきます!
情報ありがとう〜〜〜
Posted by Yukko at 2006-09-22 14:15
Yukkoさん、コメント サンキューです。

日本がフルーツ天国のCAから大量に輸入しているのは、オレンジやグレープフルーツが主かしら。ブドウは、たまに輸入されてきたものも売っていることがありますが、ほんと、たま〜に、ですね。

Yukkoさんたちも、ブドウ中毒にならない程度に、アメリカのブドウを満喫していて下さいねー。

Posted by Yuko at 2006-09-22 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。